抄紙機用真空システム エコポンプ Runeco Paper Machine Vacuum System Made in Finland Runtech by Gardner Denver

低ランニングコスト+CO2の削減可能な、軽量コンパクトな真空システム
全世界で800ユニットを受注し、650ユニットで稼働中

風量・真空圧に応じた
回転数の自動制御が可能

現在の30~60%
電力削減

投資回収目安1~3年

メンテナンスコスト+
ランニングコスト削減

Runtech by Gardner Denverエコポンプラインナップ

EP315

EP550

EP600

Runtech社のホームページはこちら(英語版)

製品に関するお問い合わせはこちら

イチカワ株式会社【国内代理店】国内営業技術部

TEL.03-6240-09224
受付時間:平日 午前8時30分〜午後5時15分
※土日祝・GW・お盆・年末年始は除く
問い合わせフォーム

性 能

  • 風量・真空圧に応じて回転数の
    自動制御が可能
  • エコポンプは400〜690KWで
    1分間に6900回転
  • ナッシュポンプの約2倍、
    ルーツブロアの約6倍の
    吸引効果を発揮
  • EPターボ
    エコドロップセパレーター
    オイル循環ユニット
    ドレンポンプ

    コストメリット

    高出力、高効率、真空度の最適化により30~60% の電気代を削減

    CO2 大幅削減
  • 高機能インバータ搭載で自動で最適回転数へ変更
  • インペラーを直接モーターに取り付けることで、減速機等の機械ロスが少ない
  • 3次元ターボインペラーにより、少ない動力で真空を作る
  • Nash Pumpから交換した場合、1~3年で投資した金額を回収

    エコポンプは斜線部領域で真空度とフローの調整が可能

    メンテナンス

  • フィルター洗浄3ヵ月
  • インペラー(カーボン製)交換10年
  • オイル供給機不足オイル添加4ヵ月(40ℓ)
  • ベアリング交換2年
  • 省エネによるランニングコストは勿論、

    メンテナンスコストも低減。

    Runtech社のその他製品

    Ecoflow

    Runtech社が開発した脱水量計測装置です。
    ワイヤーパート及びプレスパートに設置することで、正確な脱水量をモニタリングすることが可能。
    マシンコンディションの数値化により、最適な操業が実現出来る。

    Air Curtain(blade)

    センターロールのドクターブレードに設置し、エアーの力で紙を持ち上げる。
    湿紙へのストレスを低減し、トータルドローの軽減が可能となる(紙強度の向上)

    Air blade

    グルーブドロール等のドクターブレードに設置し、エアーの力で水を掻き出し、搾水性を向上させる。
    特にシュープレス用ベルトでの搾水性改善効果が高い。グルーブドに加え、ブラインドドリルやサクションロールにも使用可能。平均0.5~2%のドライネスの向上が期待できる。