1. 環境

環境保全活動

イチカワは「紙」の製造に不可欠なプレスパートの総合ソリューションカンパニーとして抄紙用具及び工業用フエルトなどの製造販売を行っております。
その中で、環境に配慮した製品造りと、社会貢献への活動を積極的に展開しております。

事業と改善活動

温室効果化ガス(CO₂)排出量の削減

• パリ協定の数値目標値(温室効果化ガスの排出量)を達成する以下の取り組みにより、CO₂排出量目標値(1990年比18.0%削減)に対して、2020年度に削減率20.8% (対目標+2.8%)を推進中です。

(1)代替可能エネルギーの活用
① 太陽光発電(PV : Photovoltaic)設備の導入 :

年 度PV設備設置場所と稼働状況年間発電量
2014年30kw賃貸住宅で稼働中3万kw
2016年200kw岩間工場で稼働中24万kw
2020年500kw柏工場で稼働中60万kw

岩間工場:200kw太陽光発電設備

柏工場:500kw太陽光発電設備

②ガスコージェネレーションシステム(CGS)の導入 :

年 度CGS設備設置場所と稼働状況効率と年間発電量
2006年845Kw柏工場で2019年12月迄稼動総合効率57%
2020年700kw柏工場で高効率化更新と廃熱利用を拡大総合効率72%

柏工場:ガスコージェネレーションシステム

柏工場では、CO₂削減を目的に2006年度より稼働し、2020年に高効率システムへの更新と排熱利用の拡大を実施することにより、総合効率(発電効率と排熱回収率)を15%向上。CO₂の大幅削減と使用電力量の70%を賄っております。

(2)液化天然ガス(LNG)の採用拡大
①生産設備では100%採用しております。(柏工場・岩間工場)
②ガス空調設備の導入を拡大中です。(本社・柏工場・岩間工場)

岩間工場:ガスヒートポンプ空調設備

(3)高効率機器への転換
①照明のLED化を計画的に展開しております。
②モーターなどの機器はすべて高効率なものを採用しています。

(4)生産効率の改善
①生産性向上による省力化を進めております。
②生産設備の高効率化更新を中長期設備計画を策定して実施しております。

(5)CO₂排出量の推移

(6)総エネルギー原単位の推移

工場での取組み

柏工場

• 2000年3月にISO14001認証を取得。

• 2020年2月にガスコジェネレーションシステムの高効率化更新と排熱利用の拡大に加え、5月より太陽光発電設備も運用を開始しました。買電とのハイブリッドの最適な組み合わせてCO₂の削減計画を推進中。

コージェネレーションシステム

岩間工場

• 2007年に茨城エコ事業所に登録され、2019年5月にISO14001認証。

• 2016年から稼働している太陽光発電設備に加え、工程内で排出される廃水の95%を循環再利用。

太陽光発電設備

工程排水リサイクル装置

水の使用量の削減

オンマシン洗浄装置への転換(柏工場)、工程排水リサイクル装置の導入(岩間工場)などにより水の使用量の削減を積極的に展開しております。

化学薬品使用量の削減

化学薬品(PRTR対象物質)使用量の削減・廃止に向けた活動を進めております。


製品を通じた環境への貢献

抄紙プレスパートの総合ソリューションカンパニーとして、当社のフエルト・シュープレス用ベルト・トランスファー用ベルトなどプレス用具の改善によりCO₂削減に貢献します。
一般的にプレスパートで紙の水分量を1%多く搾ると、後工程のドライパートでは5%エネルギーの使用量を減らすことができると言われています。